プロのアドバイス

セールスマン会議

就職をきっかけに入った保険を、今度は、結婚をきっかけに保険の見直しを妻と一緒に窓口で相談して見直しました。
保険について知識が無い二人で、窓口の担当の方に保険についての基礎知識から教えて頂いて、これからの子供が生まれたときの教育費や生活費、車の費用など、今後の新しい家族の人生に必要となる予算を算出して頂き、その後で毎月の支払い金額や保障内容など、色々な条件の商品を提案して説明してもらいました。

担当者がとても親切・丁寧に対応してもらい、色々と相談に乗って頂きました。
本当に満足できる保険を紹介してもらい、窓口で加入することを二人で決める事ができました。
二人の結婚生活が始まったばかりですが、これからの家族の未来予想が話し合えた事がとても有難たかったですし、これから訪れる色々な転機の度に今回のように二人で窓口に見直しの相談に来たいと思います。
その時にも、親身になって相談に乗って貰いその時々に見直しをお願い出来たらと思いました。
ありがとうございました。

契約内容の注意点

駅前にある保険代理店の見直し窓口を利用するときには、わかりやすくて手厚い保障内容にすることが重要です。
そのためにライフスタイルや家族の年齢を考えたうえで、どのような保障が理想的なのかを、見直し窓口を活用して十分に相談をする姿勢が求められているのです。
しかし保険の見直しを行うときには、代理店の窓口でファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けるだけではなくて、契約者自身が主体的に見直しについて考えることも大切です。
主体的に保険の契約内容について考えることで、商品を選ぶときにも本当に必要な保障内容を見つけることができるからです。

また窓口で保険の見直しを行うときには、じっくりと相談できるメリットを最大限に生かすことが重要です。
そのために標準的な家庭に求められている保障内容を基本にしながら、一人一人が求める最適な特約も付加することができるのです。
特に医療技術の高度化で医療費が高額になるケースも増えているので、高度医療に関する特約を付けたり、がん治療に関する特約を付加する方法もあるのです。
また子供が産まれた場合には、万が一の場合に備えて子供の養育費用を確保できる商品を選ぶこともできるのです。
しかし家計の限られた支出の中から保険を選ぶことが重要なので、見直すときにはコスト意識を持つことも重要です。
そのために相談窓口では、月々の保険料のシミュレーションを行ったうえで、必要な保障内容を組み合わせる必要もあるのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031